「光に描く」

「光に描く」
上端伸也Kanbata shinya、浅野恵理子Asano eriko

6月10日(木)~6月27日(日)
11:00~17:00 月曜日定休

ガラスと上絵のコンテンポラリーな融合。
それぞれの技法が息づくコラボレーションの世界が広がります。

ガラスと九谷焼でどんなことが出来るか悩んでいた時に、
浅野さんからの「ガラスに絵付け出来ますか?」
という一言から始まったコラボレーション。
まずはガラスに九谷焼の絵付けが定着するかどうかというテストから
ガラスと九谷焼の絵付けの焼成温度差、
それに伴う絵の具の発色など様々なテストを経て
「光彩描(ひかりさいびょう)」というコラボレーションが生まれました。
浅野さんの切子硝子の技術と感性から生まれるガラスの模様と、
私の葡萄茶彩描(えびちゃさいびょう)で描く模様が重なることで、
万華鏡を覗き込んだような立体的な模様の世界をを生み出します。
時間の経過とともに変化する光の入り方や影、
様々な方向から作品をお楽しみください。
上端信也

コラボを始めるにあたって、上端さんが描く彩密な模様をガラスを使って
どう生かせるかを考えた所、
真っ先に思い付いたことはガラスの中に閉じ込めることでした。
ガラスの中に模様を閉じ込めると、反射によってガラスの空間の中に
無限に彩密な模様が広がるだろうと想像できました。
浅野恵理子

 

上端 伸也
経歴
1983年 石川県金沢市生まれ
2002年 石川県立九谷焼技術研修所 本科 入学
2005年 石川県立九谷焼技術研修所 本科・研究科修了
現在 石川県内で制作活動
浅野恵理子
経歴
1987年 石川県生まれ
2008年 富山ガラス造形研究所造形科 卒業
2010年 富山ガラス造形研究所研究科 修了
2014年 金沢卯辰山工芸工房 修了
現在 石川県内で制作活動

関連記事

  1. 万 HIDE AND SEEK

  2. 藤田有紀金属の世界 空と海のちょうどあいだの

  3. 卯辰の新緑に魅せられて

  4. 新城すみれ 染展

  5. わくわくカーニバルの世界へようこそ ときめきの時間

  6. 2021 新春展

最近の記事

PAGE TOP